シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

確定拠出年金(iDeCo)の最大の問題点を見つけてしまいました



rakuten_design=”text”;rakuten_affiliateId=”0e3a6f37.798aaa37.0e3a6f38.d937b204″;rakuten_items=”tra-ranking”;rakuten_genreId=”tra-allzenkoku”;rakuten_size=”468×60″;rakuten_target=”_blank”;rakuten_theme=”gray”;rakuten_border=”on”;rakuten_auto_mode=”on”;rakuten_genre_title=”off”;rakuten_recommend=”off”;rakuten_ts=”1534994194045″;rakuten_bgColor=”FFFFFF”;rakuten_txtColor=”1d54a7″;rakuten_captionColor=”000000″;rakuten_moverColor=”C00000″;https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget_travel.js
FBシャインマスカット2
「シャインマスカットのぶどう棚」

確定拠出年金は、毎月一定額で投資信託などの金融商品を積み立て、自らで作る私的年金制度(日本版401k)と周知されています。60歳まで解約できないというデメリットを除けば、掛け金が全額所得控除される節税効果は非常に高く、自営業者は特に、この税制優遇を使わない手はないと言えます。

ただし、人気化してiDeCo(イデコ)の加入者が増えれば増えるほど、ある問題点があることに気付いてしまいました。

イデコは、毎月26日に個人の銀行口座から掛け金が拠出され、そこから約13営業日後に買い付けられます。この巨額の買い注文が毎月欠くことなく、誰でも予測できる日時に発注されているのです。

こちらは、今年の日経平均チャートです。
125
26日から、土日を除く13営業日後となると、大体12~16日の買い付けになるかと思います。橙色で囲っています。仮に、月初買いをした場合を青色で囲いました。平均値を出さずとも、加入者が高値掴みさせられていることが見てとれると思います。

私がファンドマネージャーであれば、わざわざイデコの買い付けで値が釣り上がる中旬に株を買うことはしません。事前に買います。

これは、拠出日を固定してしまったことによるiDeCo最大の欠陥ではないかと思います。

私がこのような問題提起した後、どのようになるかはわかりませんし、それほどこのブログが影響力があるとも思えませんが、投資家目線では「月の半ばで株を買うな。月末月初(~〇〇日まで)の押し目を狙い、半ばに向けて利益確定が吉」となります。

このことが周知されるころには、月末月初高になるかもしれませんので「相場は相場に聞け」。くれぐれも自己責任で投資下さい。


〇の答え
※ブログランキングサイト、当ブログ紹介文の中に「答え」があります。
20180902_b5f0cf

さて、現況の日本株についての相場観ですが、安倍首相が再選を果たし、第五次安倍内閣が走り出そうとしています。対日自動車関税の懸念もトランプ大統領が「協議継続中は自動車の追加関税は発動しない」と言い切りました。これでおそらく2年は棚上げ回避です。

これを受けて、円安・自動車関連株高、日経平均株価はバブル崩壊後の高値を更新。26年10ヶ月ぶりだそうです。

23,000円の壁(ボックス上限)を明確に超えるには海外投資家の日本株買いが必要不可欠と以前からお伝えしてきました。主体別売買動向では、9月第3週、海外勢は現物と先物で約1.5兆円の大幅買い越し(今年最大)、個人投資家はまたしても大幅な売り越し。個人投資家はこの相場、買えていません。

9/28の引け時点では、長い上ひげローソク足を残し、
直近底値(9/7~)+1,812円
騰落レシオ:132%
RSI:82%
25日線かい離:+4.7%
日経平均のPERは現在13.9倍。

PER15倍となれば、日経平均は26,000円を超えてくるのでしょうが、何事にも一気に行くには限界値というものがあります。指南書「株道の教え-最終章-」をお持ちの方は、過去の上昇率・値幅・乖離率データを確認しておいて下さい。上昇余地がわかると思います。

今後も海外勢の現物買いが続くようであれば、買い場らしい買い場が訪れません。本当に強い相場は下げないのです。強い相場ほど大きくは値崩れしないものです。
その場合、適度な値幅と主に日柄で調整します。

「では、いつ買うのか」

その質問は愚問です。なぜなら、株道投資では今、〇〇が〇〇〇まで〇〇〇〇〇〇〇〇〇べき段階だからです。

つまり、今エントリータイミングを探っている方の投資はすでに負けていることに気付かなくてはなりません。

リスクをとって利幅をとるのはプロのお仕事。個人投資家にとって、リスクを極限まで小さくし悲観の中で割安にエントリーすることが常に正しいのです。懐疑の中で投資判断してはいけません。


〇の答え
※リンク先の当ブログ紹介文の欄に「答え」が記載されています。
rakuten_design=”text”;rakuten_affiliateId=”0c6d8810.47fc5f2d.0c6d8811.93b22e5b”;rakuten_items=”ranking”;rakuten_genreId=”100938″;rakuten_size=”468×60″;rakuten_target=”_blank”;rakuten_theme=”gray”;rakuten_border=”on”;rakuten_auto_mode=”on”;rakuten_genre_title=”off”;rakuten_recommend=”off”;rakuten_ts=”1534995450921″;rakuten_bgColor=”FFFFFF”;rakuten_txtColor=”1d54a7″;rakuten_captionColor=”000000″;rakuten_moverColor=”C00000″;https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js


テクニカルや業績・成長性がすべてと思っている方は、投資心理分析の集大成「秘儀三十八手」を手にとって下さい。ブログには書けない経験則が満載です。

指南書実践編 詳しくは下記タイトルをクリック

「人に教えたくない私の売買手法 -秘儀三十八手-」

勝ち組だけが知っている厳選38手法を公開。
あなたの投資が変わります。
信頼と実績で好評発売中!

「ご購入者さまの声」


Subject: RE: 「株道」フォローメール

v:* {behavior:url(#default#VML);}
o:* {behavior:url(#default#VML);}
w:* {behavior:url(#default#VML);}
.shape {behavior:url(#default#VML);}

秘儀三十八手読ませて頂きました。

株式投資で利益が得られる本質の真実が素人でもわかりやすく
書かれており感動の内容でした。

私は事業投資ではそれなりに成功しておりますが
その過程に置いて、自己啓発、幹部育成、メンタル強化等の
セミナーに従業員を幾度か動員しましたが、

それらの多くは数十万レベルのものでした、当然情報、スキル、ノウハウ提供による結果は
お金の価値では代えられないものであり、それはそれで納得でしたが。

今回のこの秘儀三十八手の内容はそれらの営業ベースを超えた
真実の成功へのまさに秘儀が書かれており素晴らしいものでした。
そこにはそれだけではなく著者の利益だけではなく本当に
落とし穴に落ちる人を減らしたい、利益をしっかりあげてほしいという
思いがこもった内容で著者の心意気が感じられるものでした。

その内容でこの価格はおどろきです。
今回本当にいい出会いでした。
まずはお礼まで

PS  
購入後のフォローメールにも感動です。
ありがとうございます。

●●●●

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Subject: 東京都の●● です

こんばんは。昨日、相場帳第2弾届いております。どうも有難うございました。
あれだけの量を書きまとめるのには、大変な労力と時間を費やしたことと思います。

早速読ませていただきまして、本当に購入して良かっなあと、満足感でいっぱいです。
私の知りたかった事や、誰も教えてくれない事がたくさん書いてありました。

本屋さんで探しても、おそらくこのような内容の本は見つからないでしょう。
貴重な投資体験談や、ノウハウを教えていただき、心から感謝いたします。

ただ、初心者の私には難しい部分もあり、マスターする迄には何年もかかりそうです。まずは、株用語から勉強しないと先に進めませんね。

最後のページにあった、著者不明の文章、何度も読み返しました。
株取引云々より、自分の生き方を見つめ直す良い機会になったような気がします。
これからは、この相場帳を私の参考書にして頑張ります!
本当に本当に有難うございました。ペコリm(._.)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Subject: Re: ありがとうございました。

株道 さま

相場帳・実践編の資料送付、ありがとうございました。

数回にわたり拝読し、「真」に迫った実戦的な中身に加え、
ご自身の体験からの想い・気持ちの入った文章にもリスペクト
を抱きました。心から、感謝申し上げます。

特に、暴落相場で投資する具体的な方法は、これまでさまざまな
投資本・ブログなどを読む中で、初めて眼にしたものでした。
東日本大震災やリーマンショックの大暴落以後、株価が上がった
ことは知っていましたが。。実践的手法には初めて触れました。

これまで4度にわたり、(少ないものの)全財産を失った賭博的な
取引を止め、「ヘッジファンドが動くまで待ち、追い掛ける」投資
にチャレンジしてみます。

早速、8月・9月の暴落時には想い切って買い向かい、少ない
ものの利確できました。また、ブログで読ませていただきました
電算システムもタイミング良く投資でき、たいへん感謝しています。

以下、省略・・



Source: 株道 – 人に教えたくない私の相場帳 –

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク